decora

調光レンズのフレーム選び

 | CATEGORY:  BLOG

 29

May.

2019.

こんにちは。デコラ東京 岡部です。

 

先週の神戸店ブログいかがでしたでしょうか。調光レンズにご興味を持たれた方も多いかと思います。調光レンズの認知度は年々高まっており、当店でもよくご相談をいただきます。

 

ご購入いただいた方からは「便利」とのご意見をたくさんいただいております。

 

前回作って便利だったのでもう一本作りたい。

昔から愛用しているので今回も調光がいい。

お客様の中には2本、3本とお持ちの方も少なくありません。

かくいう私も気がつけば現在3本所有しております。

 

 

 

メガネとサングラス、用途が異なる2つのアイテムを1本で賄うとなるとどちらでも格好良く掛けられるフレームが必要です。

 

いざ調光レンズを使用するとなるとどのようなサイズ感のフレームを選べば良いのでしょう?

 

フレーム選びの参考案の一つとして眼鏡、サングラスどちらでも発表されているモデルを選ぶ方法が挙げられます。元々どちらでも掛けられるようにデザインされていますのでレンズカラーの濃淡にはあまり左右されないのです。

 

近年はどちらでも楽しめるデザインのフレームが増えてきています。当店にもいくつかのブランドでご用意がありますのでご紹介させていただきたく思います。

 

そんなフレームあるの?と思われる方必見です。

 

 

 

「YELLOWS PLUS」

 

 

上)THOMAS  下)NEAL  共に¥37,800(税込)

 

ミドルサイズのボストンとコンビネーションタイプ。今春の新作です。イエローズプラスの新作サングラスは全モデル眼鏡、サングラスどちらでも使用可能なデザインとなります。他にも数モデル入荷しています。

 

 

 

 

 

 

「OLIVER PEOPLES」

 

 

上) Gregory Peck SUN ¥37,800(税込)  下) Oliver ¥38,880(税込)

 

ブランド定番モデルのサングラスと今春の新作です。Gregory Peck はこれまでのサイズよりワンサイズアップされており47サイズ。Oliver は60年代のエッセンスをデザインに落とし込むブランドの新定番スタイルとして発表されたボリューミーなモデルです。

 

 

 

 

 

 

「THOM BROWNE.」

 

 

上)TBS813 ¥72,360(税込)  下)TBX417 ¥57,240(税込)

 

今春新作です。風防を模したメタルパーツからテンプルに繋がる独特な構造を持ち、四角いテンプルと柔らい印象ののフロントとの対比がユニークなデザインのTB813。

TBX417はフロント、テンプルともにボリュームのあるデザインですが、生地厚は薄く作られており見た目に反して意外と軽量。アジア仕様モデルにはチタンパットが取り付けられていて安定感も良いモデルです。

 

 

 

 

 

 

「NATIVE SONS」

 

 

上)Kowalski ¥38,880(税込)  下)Orwell  ¥45,360(税込)

 

こちらは共に定番モデルです。Kowalskiのように無骨な印象のウエリントンは最近あまり見かけなくなりましたので味出しに効果覿面。ネイビー系のカラーも美しい一本。Orwellは程よく癖のあるレンズシェイプのフロントにチタン製の細身のテンプル組み合わせたコンビネーションタイプのボストンです。ネイティブサンズのフレームは予めノーズパットが取り付けられており安定感も良いモデルが多数あります。

 

 

 

夏の準備はこれからが本番です。

 

度なし調光レンズもご用意しておりますので気軽に調光レンズにトライされてみてはいかがでしょう。その際はお気軽にご相談いただけますと幸いです。

 

 

 

(decora TOKYO 店長  岡部)

 

 

<Instagram>

decora_kobe

decora_tokyo

 

< facebook >

decora

 

< twitter >

@glasses_decora

GLASSES CO.,LTD. All Rights Reserved. KYOTO 075-708-2189 KOBE 06-4395-5709 GLASSES Instagram Page GLASSES Instagram Page GLASSES Facebook Page GLASSES Twitter Page